自分でできるシロアリへの対策【近隣トラブルを回避するために】

シロアリを再発させないためには

シロアリの大群

駆除をしても、再発してしまうと意味がありません。近隣トラブルを起こさないためにも、徹底的に予防をしてシロアリが住みにくい環境をつくるようにしましょう。

今からでもできる対策方法

枯れた木材を置かない
野ざらしにされている枯れた木材は、シロアリにとって格好のエサとなります。家の敷地にこのような木材があるとシロアリを呼び寄せてしまうため、不要な木材はすぐに処分しましょう。
日光が当たるようにする
シロアリは湿気の多い暗所に住み着く習性があります。家の中でこのような条件を満たす場所といえば、床下の基礎部分が挙げられます。こうした場所にもしっかりと日光が当たるようにすれば、シロアリが住み着きにくくなります。
室内に湿気がたまらないように工夫する
湿気の多い家は、シロアリにとって快適な空間となります。お風呂場の換気や、窓の結露を頻繁に行なうことで、室内の湿気を効果的に除去して対策を行なうことができます。

まとめ

上記のように普段から自分でシロアリ対策を行なっておけば、あとあと駆除を行なう必要性が出てきても、シロアリ駆除費用相場よりもはるかに安い額に抑えることができるはずです。

5年を目処にメンテナンス

家を建てる工務店の中には、施工時に木材や床下の基礎部に防蟻・防腐処理を行なっているところもあります。薬剤塗布はシロアリが住み着くことを防ぐ効果がありますが、防蟻効果はおよそ5年間とされています。ただこの5年を目処に防蟻処理の再施工をすれば、シロアリ対策として非常に高い効果が得られます。

TOPボタン